HOME Yセミナーとは? 小学部(小4〜6) 中学部(中1〜3) 高校部 教室案内 よくあるご質問
HOME > Pick up > 私立 >西大和学園
西大和学園


 2015年、ついに京都大学合格者数日本一を果たした西大和学園高校を訪問し、生徒募集部長の新保先生からお話をうかがってきました。

 

 西大和学園で注目されているのは「SSH(スーパーサイエンスハイスクール)」「SGH(スーパーグローバルハイスクール)」のW指定を受けたこと。

 SSHについては、知っている人も多いかと思いますが、理数教育の先進的な教育を実施している高校として文科省が指定した高校です。そして、SSHと同様に国際的に活躍するグローバル・リーダーを育てるための高校として文科省から指定を受けたそうです。

 西大和学園の校内を歩いていて印象的だったのは、壁の貼り紙。

 

 

 生徒たちが目標をしっかり持ち、それぞれの関心などに応じて探究していく姿が日常の様子からも見受けられる感じがしました。

 設立者でもある田野瀬良太郎会長が「受験は団体戦」という言葉を述べられていましたが、西大和学園高校の中では「クラスというチーム、そして学年、西大和学園全体というチーム」のもとで受験や未来に社会で活躍するリーダーになるための戦いを楽しんでいるという印象を持ちました。

 SSH指定校として東京大学の公開講座をWebで受講したり、先日は京都大学の山極総長が講演をされたりしています。そういった「一流に触れる」機会は西大和学園ならではの魅力だと思いました。他にそういった日本の最先端の研究機関などとも連携し、将来を実感する機会が多いから自ら進んで勉強が出来るのだろうと思いました。

 SGHではカンボジアやベトナムなど諸外国の貧困問題の原因究明に向けて、さまざまな学習をするそうです。高1の段階で実際にそれらの国にも訪問する機会が、田野瀬会長が若い頃に33か国を1年間で回ったことそうで、そういった経験が国際社会で活躍する人材を育てる西大和学園の礎になっているのはないかと思いました。

 

 

 校内にはきれいな自習室があり、18:20の最終下校まで希望する生徒は学校に残って自主的に勉強することも出来るそうです。

 

 高校生たちのやる気にしっかり付き合う西大和らしさがこういったところでも見えてくる感じがしました。

 こうした成果が

 東京大28名、京都大81名、国公立大医学部医学科52名

 という日本屈指の進学校になったのだろうと思いました。

 

 

■まとめ■

 西大和学園はさまざまな世界を見せながら、生徒たちのやる気を引き出すさまざまな仕掛けを持ってモチベーションを高めている学校だという印象を持ちました。
 学校全体が一つのチームとして支え合っているため「京大合格者数日本一」を実現したのだと思いました。
 大人の立場から見ていて「うらやましい」知的好奇心を満たしてくれる環境がたくさんある学校でした。

■西大和学園高校の先生より■

 西大和学園高等学校は緑と木々に囲まれた自然豊かな場所に立地し、近くには歴史的に名高い法隆寺がありますが、大阪府との府県境にあり、君たちが思っている以上に通学がしやすく、7時20分ぐらいの電車に乗れば始業の時間に間に合います。
本校は本年で創立30年を迎える比較的若い学校です。しかし、学校の取り組みや行事は多彩で他の進学校があまり行っていないSSHやSGH・模擬国連などの取り組みなどの取り組みをはじめ、心の教育・クラブ活動等の様々な教育活動や、学校行事の体育祭や文化祭・球技大会・芸術鑑賞会等も積極的に行っています。
また、国際理解を深め、世界水準の視点に立てる力を培うために、希望者によるアメリカホームスティプログラムやハーバード大学における次世代リーダー養成プログラムをはじめとするより実践的な国際教育も推進しています。
本校は本年京都大学合格者数日本一になりましたが、決して生徒たちは勉強ばかりしているのではなく、本校で自分の目標や夢を見つけるために上記に示したような様々な取り組みに積極的に参加し、その目標や夢を実現するために日々努力し勉強をしています。
君たちも目標や夢を見つけるために、また、それを実現するために西大和学園に入学しませんか。心からお待ちしています。      

 

(生徒募集部長 新保久俊先生)

高校一覧へもどる

2010 copyright by Gakushinsya