HOME Yセミナーとは? 小学部(小4〜6) 中学部(中1〜3) 高校部 教室案内 よくあるご質問
HOME > Pick up > 公立 > 西宮南

 西宮南高校を訪問し、特色クラスを中心に学校の紹介をしていただきました。西宮南高校は普通クラスの他に、文理クラス(1クラス)特色クラス(1クラス)の3つのクラスに分かれています。
 特色クラスはその名のとおり、特色選抜で合格した生徒を対象に編成されたクラスで「環境とコミュニケーション類型」を制定しています。この類型は「環境」「コミュニケーション」の2つに関しての授業を通常の授業の他に週に各1限ずつ追加され、1年生の「コミュニケーションT」では「聞く」能力と「話す」能力について学びます。たとえば、先生の話に対して「5W1H」をしっかり理解した上で、ポイントを抑えた要約が出来るかといったことや、物事を論理的に説明することが出来るかということです。Yセミナーの授業でも論理的な思考力を育てる授業が国語の中であります。その中でも、一つのことを説明するのに苦戦している小中学生が見受けられます。こういった能力は大学に行っても、そしてその後の社会でも役立つ能力なので大切です。そういったことを学校で指導してもらえることは頼もしいと思いました。2年生では「情報コミュニケーション」という授業になり、「Power Point」というソフトを使ったプレゼンテーション(発表)やディベートなども行われます。高校生にとっては難しいと思う人もいるかもしれませんが、毎年の西宮南高校の先輩たちはディベート大会でもそれをしっかりと発表し、自分の意見や対立する意見の立場も考えているそうです。
 また、「環境」という授業では校内の近くや地域の環境を中心に大気汚染や武庫川のCOD測定などを行い、実際に外に出て体験する実習が多いそうです。そして、そこで学んだことをことばの力で伝達することで環境+コミュニケーションのコースの目的が果たされています。
 だからといって、環境系の学科にだけ進学するわけではなく、コミュニケーションの力から生まれた人と接することで理解できる新しい分野への学びへの関心は文系・理系のさまざまな学部へと進学を目指すそうです。

 次に文理クラス。このクラスは国公立大学などの4年制大学を目指すためのクラスで入学時に希望を出し、大学受験に向けて通常より週あたり1時限多い授業数で特色類型と同じ「コミュニケーションT」「情報コミュニケーション」の授業を行います。学力の中でも土台となることを毎週行うことで大学入試に必要な能力を強化するために行われるそうです。この授業などで身に付いた論理的に考える能力をもとに文系・理系の大学進学に向けて一歩高い志を持って学ぶ環境を整えています。

 学校全体としての特徴として、西宮南高校は地域を大切にしている学校です。また、ボランティア活動にも力を入れていて、東日本大震災の被災地に千羽鶴を折った活動は新聞でも取り上げられていました。地域の夏祭りに参加するなどの西宮南高校は元気にいろいろなことにチャレンジするように教育をされているのだと思いました。

■まとめ■

 特色クラスは近年人気が上がってきた環境について、コミュニケーション能力を高めながら学ぶ「+α」のある指導があるクラスだという印象を持ちました。一つのことだけでなくそこに必要な他のことも学び、地域を大切にする学校だからこそ出来る教育がいたるところで実感できる、親近感を持ちやすい学校でした。

高校一覧へもどる

2010 copyright by Gakushinsya