HOME Yセミナーとは? 小学部(小4〜6) 中学部(中1〜3) 高校部 教室案内 よくあるご質問
HOME > Pick up > 公立 > 尼崎北


 Yセミナーの塾生からも人気の高い兵庫県立尼崎北高校に訪問し、お話をうかがいました。きれいな校舎に入ると、部活動中の尼北生たちとすれ違うたびにきちんと立ち止まって挨拶をしてくれました。甲子園にも出場経験のある野球部や全国大会の常連となっている水泳部など有名なクラブが多い高校ならではの、しっかりと礼儀正しい生徒が多いのだなと思いました。

 尼崎北高校の特徴として特色選抜で合格した生徒が進学する「環境類型クラス」でも知っている人も多いと思いますが、「環境教育」に対するさまざまな取り組みをされています。尼崎北高校の環境教育は漠然とした環境についてだけ学ぶのではなく、身近な「地域」を大切にした教育をされています。「地球・地域とつながる尼北」というキャッチフレーズのとおり、地球環境についてだけでなく地域の清掃活動に1年生の環境類型クラスが参加したり、 「緑のカーテン」という琉球朝顔の壁面緑化を実施したりしています。他にもフィールドワークやプレゼンなどのさまざまな活動で地域とともに学んでいる様子が印象に残りました。立地的にも塚口の住宅街の中にあることもありますが、尼崎北高校は地域の中にしっかりと根付いているイメージを持ちました。

 クラス編成ですが、1年生は特色選抜で合格した生徒を対象にした「環境類型クラス」と「普通クラス」に分かれ、2年生になると編成が「文T型(私立大学進学など)」「文U型(国公立大学進学)」「理型」の3つのコースに再編成され、それぞれの進路に応じたクラス編成がされます。また、1年生の定期テストの成績上位80名は「スーパークラス」という特別クラスで学びます。(このスーパークラス内にも3つの類型が設置されているそうです) 3年生では「文型」「理型」に分かれ、選択科目などでさらに一人ひとりの進路に合わせたカリキュラムで学ぶことが出来るようになっているそうです。

 特色選抜で合格して環境類型クラスに進学しても、環境系の大学に進学することを目的にしているわけではなく、環境や地域とのつながりを通じて、将来のリーダーとなる人になれる人を育てようとしているそうです。2年生から普通クラスと同じ編成になるので、環境について学べる機会がある上に、国公立・私立大学に進学を目指せるクラスだそうです。

 学校行事では「北高祭」と呼ばれる文化祭では、4階建ての校舎の一番上にまで届くくらいの大人形で有名だそうです。尼崎北高校のホームページに載っていた写真を見ましたが、とても大きな人形で驚きました。機会があれば見てみたいです。

■まとめ■

 尼崎北高校は進学校として大学進学に向けての勉強ももちろんのこと、環境を通じた地域とのつながりも大切にした落ち着きのある学校です。将来のリーダーとなる人になるような規律をきちんと守る生徒たちが、受験勉強だけでなくさまざまな環境活動を通して成長していくような姿が浮かぶ高校だと思いました。

■尼崎北高校の先生より■

 県立尼崎北高等学校は、創立90余年の伝統校で、自主・自律・愛情・強調の校訓のもと自由な校風が特徴です。環境類型を中心とした環境教育の取り組みが評価され、平成23年度には県知事より「グリーン・スクール」表彰を受けました。
 確かな学力を身につけ、自己の進路希望を実現するために、進路希望に応じた類型や習熟度により編成される「スーパークラス」など。学力向上をめざした特色ある教育課程を設置しています。
 また、生徒の興味・関心を生かしたさまざまな部活動・学校行事があり、心身を鍛え、協調性やリーダーシップを養って、「文武両道」をめざす教育を実践しています。

(教頭 長澤信行先生)

高校一覧へもどる

2010 copyright by Gakushinsya